小1・2・3生のための
画期的な「能力育成」コース。

玉井式国語的算数教室

能力育成

能力育成

 教育界でよく語られるのが「9歳(小4)の壁」です。これは小4ごろから急に勉強についていけない子どもたちが増えることによります。その理由としてあげられるのが、学習内容の変化です。低学年までは、丸暗記や単純計算など文字から直接つながる学習が基本となりますが、小4からは「分数」「小数」「余りのあるわり算」「文章問題」など、抽象的な問題が出てきます。これらを理解するには、自分の頭で考え、「イメージする力」が必要不可欠になってくるのです。
 いままでテストで満点ばかりだった子どもが、急に「わからない」と言いだすのも小4ごろです。学校ではじめてぶつかる壁ともいわれる「9歳の壁」を乗り越えるためには、低学年のうちから「文字や言葉からイメージする力」を養うことが大切です。

能力育成

 「玉井式国語的算数教室」のいちばんの特長は、この、「イメージする力」を楽しみながら養うことにあります。
学習の導入は、児童文学をもとにしたアニメーションです。壮大な物語と魅力的なキャラクターが、子どもたちの心をひきつけます。「この続きはどうなるんだろう?」とわくわくすることもまた「イメージする力」を育みます。

能力育成

 「玉井式国語的算数教室」は、まずアニメーションを観ることで物語を理解し、シチュエーションをイメージすることから始まります。そして、物語と連動したプリントで算数の問題を解いていきます。プリントの文章を読み、必要な数字を見つけだし、たし算をすればいいのかひき算をすればいいのか考える-このように、答えを導きだすためにどうすればいいのかを楽しみながら考えることによって「イメージする力」が磨かれるのです。
 カリキュラムがすすむにつれ、少しずつアニメーションが少なくなり、文章が多くなっていくため、自然と長文を読み解く力が身につきます。

玉井式HPへ
ページトップに戻る
 練成会グループ トップページへ戻る