小1・2・3生のための
画期的な「能力育成」コース。

玉井式国語的算数教室

保護者さまの声

写真1
< 旭川練成会 >
本校スクール小学3年生
広島 綺乃さん 保護者さま

Q 玉井式に通うきっかけについて、教えていただけませんか?

 通っていたパズル道場からチラシをいただいてきて、初めて玉井式をしりましたが、あいにく体験会には参加できず、何より他にもいくつか習い事をしていましたので、そんなに沢山の事をこなしていけるのか不安もアリ、躊躇しておりました。 でも、その後に参加した春期講習会で綺乃が興味を示したので、思い切って始めることにしました。

Q 玉井式に通うようになってから、なにか変化はありましたか?

 以前は国語の長文や算数の文章題を見ると、読むことすら嫌がっていましたが、「ものがたり算数」を通じて長文問題に対する抵抗感が薄れたように思えます。 また、親はつい子どものできない所や間違いにばかり目が行きがちですが、玉井式の先生方はできた事や頑張りをとても評価してくださるので、ねばり強く取り組む姿勢が見られるようになりました。

Q 玉井式のメリットをどのようなところに感じていますか?

 3つ上の姉が「もうこんな勉強してるの!?」と驚く程、上の学年で習う事もどんどん学んでいくので、3年生の新しい教科書を見て「これ、玉井式でやったから知ってる!」「これも解けるよ!」と、学校の授業が今から楽しみなようです。 さらに勉強以外の面でも、「もっといろいろな事を学んでみたい。」と、好奇心を刺激されているように感じています。

Q 思い出深い出来事はありますか?

 2年生のさいころの展開図の問題で、箱を開いた時の文字の向きが、なかなか理解できず、かなり苦労していました。宿題の際に紙とハサミで何かを作り始めたのでのぞいてみると、実際に自分で問題と同じさいころを作って広げたり回転させたりして、ついに「わかった!」と。 納得できる解決方法を自分で見い出すという成長ぶりを実感した出来事でした。

写真1
< 旭川練成会 >
本校スクール小学3年生
住友 ののはさん 保護者さま

Q 玉井式に通うきっかけについて、教えていただけませんか?

 すでに通っていたお友達に勧められて2年生の夏期講習会を受講してみることにし、保護者説明会に参加する時間も取れなかったので講習会を一度見学させていただきました。 テキストも授業もとても興味が持てる内容でした。特に、授業ではテキストへの取り組みのほかに、映像を使い平面図形を立体的にイメージ出来るように工夫されていて、とても分かり易く進められていました。 文章題を図に書き換えて考えるなど想像する力、イメージする力が弱いと感じていたところだったので関心を持ちました。なにより4日間の講習会がとても楽しかったようで本人の希望で通うことに決めました。

Q 玉井式のメリットをどのようなところに感じていますか?

 カリキュラムが単元学習のように組み込まれ、現在学んでいるところと絡めて高学年の範囲にも及んでいるので意識することなく先取り学習が出来ているようです。 以前は、長い文章を見ただけで抵抗感を表していましたが、今ではじっくり読み、分からなければ読み返し必要な情報を拾い上げて取り組めるようになったと思います。読解力だけでなく根気とやりきる力も身に付きつつあると感じています。 また、長い文章題を自分の力で正解した達成感が次の学習意欲につながっているようです。

ページトップに戻る
 練成会グループ トップページへ戻る