指導方針 いい先生との出会いが子どもたちの未来を変える

塾長からのメッセージ

  • 庄子裕貴
  • 滝川・深川

    庄子裕貴

入試は成長の機会

2017.3. 1

中3生は公立高校入試まで残り1週間を切りました。
最後の仕上げ、体調を万全にして臨んでほしいと思います。


入試は自分を成長させる機会です。そして誰もが通る道です。
この機会に感謝しつつ、全力を尽くしましょう!
と言っても、この時期の中学3年生で頑張らない人はいないです。
毎年思うことですが、本当に頑張り、まぶしく見えます。とても尊いです。
練成会も全力で皆さんの頑張りを応援しています。


また、新中3生以下の皆さんは1年後、2年後、3年後・・・自分の番です。
今頑張っているすべてが入試の準備に繋がっています。
手を抜いてしまうと成績が下がる、というのはみんながわかっていることだと思いますが、
実際に行動できる人は多くない、というのが現実です。
数年後を見据えて、今を全力で過ごしましょう!

  • 登龍王
  • 滝川・深川

    登龍王

『3学期こそ動くとき!』

2017.2. 2

高校入試まで1か月となりました。
練成会に通う中3生も、「さすが受験生!」と感じられる、
一生懸命な姿を日々見せてくれています。

では、どのタイミングでスイッチが入ったのか?と思い返してみると、
中1、2の頃から頑張り続けている生徒、中3になって頑張り始めた生徒、
中体連が終わってから、夏休みから、総合ABC直前に、冬休みに・・・など、
それぞれのタイミングがあったと思います。

決心して、動き出すまでには、相当のエネルギーが必要だと感じている方は多いです。
しかし逆に、動き出してみることでエネルギーというものは湧いてきます。
中3生はそれぞれのタイミングでそのエネルギーを感じているはずです。
残り期間、エネルギーを倍増させながら、とことんやりきりましょう!

もちろん、中1,2生や小学生も同じです。
総復習、新学年準備の2月こそ、やってみて、
エネルギーを湧かせるのにピッタリの時期です。
春を待たずに、今までとは少し違う自分に挑戦してみましょう!

  • 中村英行
  • 滝川・深川

    中村英行

『集大成の3学期』

2016.12.30


今年もよろしくお願い致します。

冬休みが終わると中学校3年生はすぐに
学年末テストがあり、3月には入試が行われます。
この学年末テストの結果で、入試の合否を左右する、
最終的な内申点が確定します。
最後まであきらめずに、がんばりぬきましょう!

中学校1・2年生も同様に学年末テストに
向けて全力を尽くしましょう。
学年末テストでのがんばりによっては、
今までの内申点を大幅に伸ばすことも可能です。
新しい学年になってから...と思うのではなく、
今できることは今のうちにがんばっておきましょう。

小学生は今までの総まとめを行い、
次の学年に向けて基礎を固める時期です。
今までに学んだ事を十分に復習し、
「わかる」から「できる」に変化させることで、
勉強に弾みがつきます。

もちろん、がんばるためには万全な体調が必要です。
寒い日が続き風邪なども流行っています。
健康面にもじゅうぶんに注意してがんばっていきましょう!

  • 伊林 雅広
  • 滝川・深川

    伊林 雅広

『想えば叶う』

2016.12. 7

 今年も残すところあと1か月。
 今年はリオオリンピックでの日本人選手の活躍、日本ハムファイターズの日本一など、たくさんの勇気や感動を与えてもらいましたね。
 オリンピックのメダリスト、ファイターズの選手は、きっと試合前には「メダルを絶対に獲る!」「日本一になる!」という想いを持っていたに違いないです。想ってもいないこと、願ってもいないことが起こるということは考えにくいですよね。では、みなさんはどうでしょうか?2016年のスタートにあたり、「今年は○○したい、○○になりたい」という目標を掲げたのではないでしょうか。もし、今の段階で想いが現実となっていないというのであれば、その時の想いが薄れてしまったり、想いはあるものの、その想いに応じた行動ができていないのかもしれませんね。
 2016年を良い年にするためにも、今一度、初心に返ってみてはどうでしょうか。1年の経過と共に、大切な何かを忘れかけていることに気が付くかもしれません。

  • 安達 涼真
  • 滝川・深川

    安達 涼真

日々の取り組みを感動に

2016.11. 2

先日、日本ハムファイターズの大谷選手が
球速165km/hという前人未到の記録を打ち立てました。
その記録が出た瞬間は球場が歓声で揺れ、鳥肌が立つほどの感動でした。
1人の努力がこんなにも多くの人を感動させられるのかと、
人の努力の価値に改めて気づかされた瞬間でした。

さて、皆さんは日々部活・勉強と、目の前のことに一生懸命に
取り組んでいる最中だと思います。
今月は中学生は総合C学力テスト、2学期期末試験
小学生は漢字計算コンクールが控えています。
結果が求められる今月だからこそ、日々の取り組みの価値を今一度考え、
それぞれの目標に向かってほしいと思っています。

1人で頑張っていると時に、不安に感じることもありますが、
皆さんが思っているよりも意外と多くの人が、
皆さんの頑張りや結果を応援し、期待をしています。
その期待に応えることによって、多くの人を感動させることができるのです。
そのことを意識しながら取り組んでいきましょう。

目標達成に大切なのはやはり、早めから計画的に取り組むこと。
そして何よりも毎日コツコツ継続していくことです。
勉強を始める前に今までよりも少し高めの目標を設定して
取り組みを少しレベルアップしてみてください。

皆さんの結果から大谷選手のように感動を生む11月にしましょう。

  • 庄子祐貴
  • 滝川・深川

    庄子祐貴

実りある秋にしていく

2016.10. 3


さて、2学期も折り返し地点。中間テストを終えた人が多い中、
練成会では10月に塾統という入試を意識したテストが行われます。

中3生は総合ABCに向け、練成会でも志望校判定テストを事前に行っています。
部活動同様に練習だけでは上手くなりませんよね?
練習試合のような実戦形式の経験がとても大切です。
また、練習試合といって手を抜く人もいないはずです。
塾テストで結果をだす努力をし、本番で自己ベストをとる
イメージをつくるのが目的です!

1,2年生も同じく塾テストがあります。
定期テストが終わり、ひと段落?ではないですね。
高校入試のように幅広い範囲からの出題で現在の実力を計る大切なテストです!
また、定期テストが終わり、勉強に離れがちな今にこそ次なる目標を立てて
努力を続けてほしいと思います。

小学生も塾テストがあります。
普段触れることが無い難しい問題に挑戦し、
中学生になる前に大きな力をつけるのが目的です!
もちろん、解き直しにもみんなとても貪欲ですよ!


肌寒くなってきています。秋といえば読書、スポーツ、食欲・・・と様々ですが、
何より健康第一です。体調を崩すことなく過ごしていきましょう!

  • 堀 智博
  • 滝川練成会

    堀 智博

テストの多い9月、「準備」「解き直し」を大切に!

2016.9. 3

この9月、小学部は塾統一学力コンクールがあります。中学生は定期テストや総合A学力テストなどの大切なテストが実施されます。
本気で臨むテストのときこそ学力を大きく伸ばすチャンスです!
まずは目標を決め、範囲表を確認しながら計画を立て「準備」を頑張りましょう。
これまで作成してきた弱点克服ノートのおさらいも効果的です。
そしてテストが終了したらすぐに「解き直し」を取り組みます。
これで確実に力はついていきます。
我々講師陣も全力で指導しますので、2学期の成功をつかむべく一緒に頑張りましょう!!

  • 當摩 剛史
  • 東進滝川明神町校

    當摩 剛史

『想像を超える未来』

2016.8. 1

はじめまして、滝川練成会高校部担当の當摩(トウマと読みます)です。

いきなりですが、みなさんは自分の将来をどこまで想像していますか?

自分が進みたい高校やその高校でやりたいこと、

その先の大学やその大学でやりたいこと、

大学を卒業してこんな仕事がしたい・・・などなど

人によってどこまで想像しているかは違うと思います。

そんな将来について、数年前になりますがアメリカのデューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏がこんな研究発表をしました。

「アメリカで現在(この研究発表がされた年)小学生の65%は、

大学卒業時、今は存在していない職に就くだろう」というものです。

確かに自分が小学生の頃は、スマホなどはなく、携帯ショップやアプリの開発、

現在この世の中にあるIT関係の仕事のほとんどは存在していませんでした。

これは世の中がものすごい速さで変化しているということなのだと思います。

世の中にはまだまだみなさんの知らない魅力的な職業がたくさんあり、

しかもそれがこれからもどんどん増えていく・・・と考えるとワクワクしませんか?

ぜひ、まだ自分の将来のことを真剣に考えたことがないという人は、様々なことに興味をもってみてください。

そして自分のなりたい将来が見えてきたとき、もっともっとがんばれるようになります。

みなさんが勉強を通じて自分のなりたい将来をつかめるように自分たちは全力で応援します。

  • 登 龍王
  • 滝川・深川

    登 龍王

『新たな目標を決めましょう!』

2016.7. 1


中学生は6月に今年度1回目の定期テストが行われ、
春からの自分の頑張りが点数になって表れました。
滝川練成会ではテストの度に成績優秀者掲示をスクールに掲示しますが、
今回の定期テストでは、今までにないほどたくさんの100点掲示を貼ることが出来ました!
テストが返ってきた時に、「もっとこうすれば点数が伸びた!」という声なども聞きました。
その反省をすぐに活かして、万全の準備をして次のテストを一緒に迎えましょう。
「○○点を次は取りたい!」「学年○位に入りたい!」「部活でレギュラーをとりたい!」など、
自分の目標が定めやすいのも今の時期です。

中3生の多くは2年半ほど頑張ってきた部活を引退し、
いよいよ受験生の生活リズムへと変わる時期です。
中1、2生は自分たちが中心のチームになります。
勉強も部活もさらに飛躍させる7月にできれば最高ですね!
最高の7月にするためには、春からの自分の振り返りと、新しい目標が大切です。

中3生は志望校合格という大きな目標に向けて加速させます。
第1関門が、9月14日の総合A学力テストです。
夏休み、夏期講習会で総合Aに必要な力をつけて、大きく飛躍する夏にしましょう!

  • 中村英行
  • 滝川・深川

    中村英行

『毎日の積み重ねから、大きな成果へ』

2016.6. 1


6月に入り、最近は暖かくなってきました。
今月は、中学生のみなさんにとって、新年度がスタートして初めての定期テストが行われます。

新しい学年がスタートし、2か月が経ち、
学校生活にも慣れてきている中で、注意しなければいけないのは「慣れ」です。
ここまで創り上げてきた勉強習慣を活かし、もう一段階レベルアップすることで、
定期テストに向けての最高の準備ができると思います。

成績を上げるためのコツは、「毎日の積み重ね」です。これは学年・科目に問わず、
共通して言えることです。習い事や部活動にも当てはまることですよね。
継続してこそ大きな成果が生まれてくるのです。新しい学年がスタートし、
今までコツコツと積み重ねてきたことが学校のテストや習い事、
部活動の大会で大きな成果となって表れるときが来たのです。

新しい学年に慣れてきた今こそ、4月の時の新鮮な気持ちを思い出し、
がんばりを継続させていきましょう。
7月になるともう1学期が終わってしまいます。
勉強・習い事・部活動など充実した学校生活にするためには
計画性をもった行動で日々1つ1つをやり切りましょう!

  • 伊林 雅広
  • 滝川・深川

    伊林 雅広

「計画⇒実行⇒振り返り」を大切に

2016.5. 9


新学年がスタートし1か月が経ちました。
新しい生活には慣れてきたところでしょうか。

5月に入り、学校の勉強・部活動などもだんだんと本格的になっていきます。
また、修学旅行・宿泊研修・運動会などといった学校行事もあります。
ただでさえ、5月は大型連休もあり、いつもより短く感じてしまう1か月です。

中学生のみなんさんであれば、ひょっとすると
「気づけば定期テスト直前。。。」となってしまう可能性もあります。

そんな時だからこそみなさんに大切にしてもらいたいことがあります。
それは、限られた時間を有効に活用するために、計画をしっかりと立て、
それを実行する。そして、しっかりと振り返り、反省を次に活かしていくということです。
どんなことであっても、小さなことの積み重ねが大きな成果を創り出します。
みなさんのそれぞれの目標に向かって、「計画→実行→振り返り」をおこなってみてください。

  • 堀 智博
  • 滝川練成会

    堀 智博

「希望の春、スタートダッシュの春」

2016.4. 2


北海道での桜の開花も待ち遠しい時期になってきました。
3月にはみんなの先輩方が志望校合格を勝ち取り、希望に満ちた春を迎えています。
新学年もいよいよスタートです。練成会の新年度授業も4月7日から始まります。
先生方も新年度授業で、みんなの笑顔を見られること、
一緒にスタートダッシュを切れることを心から楽しみにしています。

私はこの春から旭川練成会より滝川練成会に来ました「堀 智博」と申します。
本校の小学部教室長を務めさせていただきます。また、本校の数学を主に担当させていただきます。
滝川練成会には熱意あふれる親身な講師ばかりなので、
私も負けずに生徒たちの未来のために一生懸命取り組んでいきます。

算数・数学は4月からまずは「計算分野」の勉強です。
基礎をしっかり固めることで、この後の応用問題突破に繋がっていきます。
算数・数学の力をつけるポイントは、30分でも算数・数学の勉強を「毎日」することです。
この習慣を春に身につけることで、算数・数学の力が飛躍的に伸びていきます。
同時に心機一転、目標を定め、計画を立てていきましょう。

中学生は学力テストや4月の塾統があります。小学生も4月・5月と塾統があります。
「目標」「計画」「習慣」を身につけ、実践するチャンスです。
練成会の授業で、希望の春、スタートダッシュの春に一緒にしていきましょう!

  • 登 龍王
  • 滝川練成会

    登 龍王

テーマを持って過ごす

2016.3. 2

 3月は学校の中でも、お家の中でも、さまざまなことがある時期ですね。
中3生の公立高校入試、合格発表があり、卒業式もあります。他の学年も進級の準備が進み、
4月からの生活がぼんやりとイメージできてきた頃だと思います。
そこで大切なことは、この3月という1か月を、しっかりテーマを持って過ごす、ということです。
中1、2生の大多数が2月下旬に学年末テストを終え、しばらくテストの無い時期に入ります。
せっかくテスト時期に出来上がった良い勉強リズムが崩れやすいのが3月です。
勉強リズムを崩さずに、さらに自分のレベルを上げて4月を迎えられれば、最高の1年になりますよね!

 プロ野球は3月の下旬にシーズンが開幕します。野球選手は前年のシーズンオフから、
また次のシーズンに向けて体を動かし続けています。1月頃には暖かい地域で自主トレに励み、
2月にはチームでキャンプインです。皆さんで言えば、3月の1か月は自主トレの時期ですね。
4月に向けて取り組みを重ねてください。ただ、野球選手の自主トレは、毎年必ず工夫を重ね、
練習方法に磨きをかけています。これは、「今までの自分よりもさらにレベルアップする!」
という思いからです。皆さんも、「苦手だった単元をがっちり復習する!」「できなかった問題
を自力で解けるようになる!」など、テーマを持って取り組んでほしいと思います。そして、
それぞれが1か月かけてしっかりとレベルアップをして、キャンプとも言える『春期講習会』に
皆さんで突入しましょう!

 今年の日本ハムファイターズはアメリカのアリゾナでキャンプをスタートしましたが、
取り組む環境もレベルアップには欠かせない!ということです。
 一生懸命頑張る生徒が集まる練成会で、最高の4月を迎えましょう!

  • 安達 涼真
  • 滝川練成会

    安達 涼真

今すぐではなく、少し先を見据えて

2016.2. 2

 2月になり、いよいよ今年度の集大成という時期になってきました。

小学生は各学年の総まとめ。中学生であれば学年末試験、 特に中3生は高校受験へ向けての直前の追い込みの月ですね。

 『この2月の過ごし方が未来を大きく変える!』というのは、よく言われることですが、 具体的にどのような取り組みをすべきでしょうか。

皆さんは、『最高の成果を作り出したい!』という風に考えているはずですが、

一方で最高の成果を作り出すためには取り組みを見直さなくては・・・という風に考えているのではないでしょうか。

確かに、取り組みを変化させる必要はありますが、必ずしも大きく変える必要はありません。

例えば、散歩をする時にどの方向へ向かって歩くのか、その進みだしの一歩の向く方向が わずかに違っただけでも

たどり着く場所は大きく違います。  

勉強も同じように『さあ、やるぞ!』と思った時の進みだしの一歩の角度を少し変えてみる。

いつもマル付けを忘れてしまう人はマル付けを丁寧にやってみるとか、計算ミスの多い人は途中計算を丁寧に書いてみるとか

そんな些細なことで構いません。

この進みだしの一歩が未来を大きく変えるきっかけになります。

そして、より大きな成果を出したいのなら、その取り組みをできるだけ長く継続しましょう。  

 

 練成会では選抜試験・漢字計算コンクールなど、取組みを変えるきかっけとなるイベントが控えています。

未来の成果のために積極的に自分を変えるチャンスに飛び込んでほしいと思います。

 
  • 中村 英行
  • 滝川練成会

    中村 英行

現学年の集大成!

2015.12.30

冬休みが明けると、どの学年においても、
とても大切な時期となりますね。

特に中学校3年生は入試直前で最大の山場を迎えます。
残り期間で、やれることはすべてやりきることで、最後のひと伸びをめざしましょう!

中学校1・2年生は、来年・再来年に控える入試に直結する
学年末テストが行われます。内申点が決まる大切なテストになるので、
今まで以上に早い準備を心がけ、最高の成果をめざしましょう!

小学生は今までに習ったことの総まとめを行う時期です。
1学期・2学期に学んだ事を十分に復習し、新しい学年に向けて
弾みをつけましょう!

もちろん、がんばるためには万全な体調が必要です。
寒い日が続きます。
健康面にもじゅうぶんに注意しながら、がんばっていきましょう。

勉強での不安・悩みは勉強でしか解決できません。
この一年が、みなさんにとって最高の一年になるように
滝川練成会はがんばるみなさんを全力でサポートします。

  • 伊林 雅広
  • 滝川・深川

    伊林 雅広

いつも全力で!!

2015.11. 1

 今月は学校でも練成会でも、さまざまなテストやコンクールがおこなわれます。

もちろんみなさんは最高の結果を残すために、1つ1つのテストやコンクールに向けて準備・練習をしていくと思います。

どんなことに気をつけて準備・練習をしていますか?
 「またうっかりミスをしてしまった~」「時間が足りなかった…」多くのみなさんはこんな経験をしたことがきっとあると思います。そして、「次のテストのときには気をつけよう」と思うのです。でも残念ながら、次のテストでも同じようなことがおきてしまっています。それはなぜでしょう?

テストの時だけ、「うっかりミス」をしないように気をつけてテストを解いてもダメなのです。普段から意識してやっていないことをテスト本番という緊張感のある中で、しかも制限時間内で確実におこなうことは非常に難しいことなのです。部活動でのことを考えてみてください。普段8割、9割程度の力しか出さずに練習していて、試合・大会当日に100%の力を出すことはできないですよね。それは勉強も部活も同じです。
 

本番で100%の力を出すためには事前の準備が大切なのは言うまでもありません。これからは準備の質にもこだわっていきましょう。家庭学習をするときも1問1問、ミスをしないように全力で取り組む、目標時間を決めて時間内にしっかりと終わるように意識する。そんな日頃の取り組みがあってこそ、本番で最高の成果を出すことができるのです。
 

11月は学力テスト・定期テスト、漢字計算コンクールがあります。みなさんが最高の成果を出せるように先生方も応援していきます。

  • 庄子 祐貴
  • 滝川練成会

    庄子 祐貴

目的意識が行動を変える!

2015.10. 1

皆さんこんにちは!滝川練成会の庄子祐貴です。
肌寒い季節となり、体調も崩しやすい季節になってきました。
さて、中3生は学校祭、総合Aテスト、定期テストと激動の2学期の始まりとなりましたがいかがでしたか?
中には思うように結果が出せなかった人もいるかと思います。
しかし、落ち込んでいる暇もなく、次のテストが始まっていくのが2学期です。
前回、登先生からは切り替えとスケジュールの把握について書いてもらいましたが、今回は「モチベーション」について書かせていただきます。

モチベーションは一般的に「やる気」、「士気」などの意味で認知されていますが、語源を考えていくと(様々な説があります)、
motivationはmotive(動機、理由、目的)+action(行動、活動、働き)の合わさった言葉だそうです。
つまり、「目的を目指した行動」、「動機づけ」といったところです。
人間のやる気の根底には目的motiveが存在します。しかしこれがあやふやになってしまうと、行動actionにも影響を出すのです。

以前、滝川練成会の講師陣でどのように自らのモチベーションを上げているか、意見を出し合ったことがあります。様々な意見が出ましたが、全員に共通したことは強い「動機づけ」です。自ら「こうなりたい!」と考え、モチベーションアップにつなげています。

皆さんは目的、理由を考え勉強に取り組んでいますか?
考えが変化することで人間の行動は変わります!
目的を作って2学期、ベストを尽くしましょう!

  • 登 龍王
  • 滝川練成会

    登 龍王

長い2学期!切り替えが大切!

2015.8.22

 1年で1番長い2学期が始まりました。
中学生にとっての2学期は、1年間の成績を決めてしまう時期と言えます。
その大切な2学期の助走として、皆さんには夏期講習会を一生懸命取り組んで
もらいましたから、その頑張りを継続していきましょう。

ただ、やみくもに頑張っても結果につながらないのが2学期の難しいところです。
自分のスケジュールを今まで以上に把握して、早い切り替えを心掛けましょう。

例えば、滝川地区の中3生で言うと、
9月10日(木)に総合A学力テストがあります。
その前の週が「学校祭」という生徒のみなさん!
学校祭の準備はとても急がしいですが、総合Aに向けた取り組みは同時進行で必要ですよね!
そして、総合Aの2週間後には定期テストの学校が多いです。
ということは、総合A当日の夜には定期試験の勉強に切り替えることが大切です。

このようにすきまのないテスト勉強が続くのが中3生の2学期です。
忘れてはいけないのが、それぞれのテストで、出題範囲がガラッと変わることです。
「総合Aの勉強を頑張れたから定期テストや総合Bも大丈夫だ!!」とはいかないので
注意しましょう!
なので、冒頭に挙げたスケジュールの把握の中には、「出題範囲の把握」も含まれるということですね!

9月から11月までの3か月間、出題範囲に合わせた取り組みを、ハイペースで進めていきましょう。
ハイペースでやり切れた人は、いよいよ3年間分が全て範囲になる高校入試の勉強に立ち向かえます。

みなさんの2学期でのレベルアップを楽しみにしています!
仲間とともに頑張ろう!

  • 中村英行
  • 滝川練成会

    中村英行

実践・行動・変化する夏へ!

2015.7. 1

皆さんこんにちは!滝川練成会の国社科、中村英行です。
気温も高くなり、いよいよ本格的な夏を迎えますね。
いつも送迎や・応援をしてくださる保護者様、頑張ってくれている塾生のみなさん、
本当にありがとうございます。

練成会ではこれから夏期講習会が始まります。
中学3年生は多くの生徒が部活を引退し、完全に受験モードへ切り替わります。
この夏休みに気持ちを上手に切り替えるからこそ、2学期に中だるみすることなく、
勉強習慣を身につけ、入試に向けた力を養うことができます。

また、中学1・2年生のみなさんは最高の復習の機会となります。
普段とは違う環境で学び、忘れていたことを思い出しながら、
確かな学力を身につけ、来年・再来年に活かす準備をしましょう。

小学生は基礎・基本の徹底ですね。
勉強への姿勢・考え方・習慣など、一つ一つが大切です。
中学校のレベルは小学校に比べて飛躍的に上がります。
この機会にしっかり準備することが大切です。

春に新しい学年を迎えてから3ヵ月が経ちました。
勉強内容は学年が上がる度に、難しくなってきていることを感じていますね。
この夏は「変化する夏」を意識してみてください。
毎年恒例の夏ですが、毎年と同じ行動では「成長」はありませんね。
『毎日の勉強時間を増やしてみる』『毎日本を読んでみる』など
この夏、いつもとはひと味違った行動で、
充実した夏、成長する夏を創り出しましょう。
練成会はそんな皆さんを応援します!!

  • 小笠原正順
  • 滝川練成会

    小笠原正順

時間の使い方を考える

2015.6. 1

みなさんこんにちは!新加入の数学担当の小笠原です。6月に入り、やっと暖かい季節がやってきました。夏が大好きな先生にとっても、1年の中でもっとも楽しみな季節です。みなさんにとっては、部活や習い事、学校行事に試験と1年の中でもっとも忙しい時期かもしれません。負けることなくたくましく乗り越えてほしいと思います。6月は上記のような忙しい時期でもあるので「時間の使い方」について考えてみましょう。「あ~時間がない」、「あと1日時間がほしい」など試験前によく出てくる言葉です。もしかするとこのページを見ている現在「なんでもっと早くやっておかなかったのだろう」と後悔の念が出てきているかもしれません。みなさんだけではなく、大人でもそう思います。そこで先生が時間の使い方で工夫している点を4点紹介します。少しでもみなさんの参考になればと思います。

●現在の時間の使い方の分析
自分の時間の使い方を変えられないことはよくあります。先生も時折自分の時間の使い方をノートに書き出し、目に見える状態にしてみて、工夫できないかどうかを考えてみます。4,5月はきちんと使っていた連絡帳の実行表が雑になっていませんか?
●生活のパターン化
何をしようか考えているうちに、時間が経過していることはありませんか?家に帰ったらすぐに学校の宿題をして食事の後に次の塾授業の宿題を行い、お風呂の後は漢字の練習をしてから寝るなどある程度のパターンが決まっていれば何をしようか考える無駄な時間は確実に減ります!
●できることからかたづける
よく言われることですが、後でやろうとすると忘れてしまうので、先生はすぐにできることから始めるようにしています。なかなか気分の乗らないときは、簡単なことから始めるなど、工夫してみましょう。
●できなかったことを悔やむよりできたことを認める
努力の量が同じでも考え方次第で充実度が変わります。先生はその日にやるべきことを紙に箇条書きで書き出して、終了したらひとつずつ消していきます。1日の最後にやり残しがないかを確認し、今日の頑張りを認め1日を終了します。そして明日頑張るエネルギーに変えていきます。

他にも「すきま時間の使い方を工夫すること」や「短期計画と長期計画を立てること」など様々ありますが、とにかく1日1日の積み重ねでしか時間の使い方はうまくなりません。その日その時を大切にして6月を過ごしましょう。時間の使い方が変わると人生が変わります。

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

目標を持とう!

2015.4.28

目標を持とう!

新学年が始まり1か月が過ぎました。
みなさんは新しい生活に慣れてきたところでしょうか。

4月の1か月間は新学年に進級したばかりということもあり、新鮮な気持ちでがんばることができたことかと思います。しかし、ゴールデンウィークを境に、せっかくの新鮮な気持ちが薄れてきて、1つ1つのことが雑になりがちです。

そこで、改めて意識して欲しいことは、目標をしっかりと持つということです。
「苦手な科目を克服する!」「テストで学年○位以内をとる!」「漢計コンでトロフィーをゲットする」「部活の大会で優勝する」など、勉強面だけではなく、部活動・少年団などの目標でもよいです。しかも、近い目標と遠い目標があるといいですね。
目標があれば、目標達成に向けてやるべきことが明確になります。そして、何よりも、目標があると「達成したい!」という気持ち、すなわち「やる気」が出てきます。

まだ、目標を決めていないという人、まだ遅くはありません。連休中に色々と考えてみてください。そして、気持ち新たにがんばりましょう!

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

「基礎・基本の定着から成果へ」

2014.6.11

新年度が始まり2か月が過ぎました。

すべての行動の「基礎・基本」の大切さを前回のメッセージにて書かせてもら

いましたが、この2か月間でみなさんはそれぞれの行動に対する「基礎・基本」を

どのくらい定着させることができましたか。

「あいさつ」「返事」「提出物」「宿題」…どれも当たり前のことかもしれませんが、

これらの行動がしっかりとできていなければ、いくら「成績を上げたい」と思っても

思うようにはいきません。

 

6月は小学生は漢字計算コンクール、中学生は定期テストがおこなわれます。

4・5月に「基礎・基本」を大切にして行動できた人は、大きな成果を出すチャ

ンスなのです。この2か月間で創りあげた土台にそれぞれのコンクール・テストに

向けた準備を積み上げることにより、大きな成果を創り出すことができるのです。

 

「基礎・基本」の大切さを実感できる6月にしていきましょう。

 

 

滝川練成会 伊林雅広

 

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

「基礎・基本を大切に」

2014.4. 8

新しい学年がスタートするにあたり、みなさんに改めて意識してもらいたいこ

とがあります。

それは、「基礎・基本を大切に!」ということです。

勉強において、基礎とか基本というのは簡単なレベルのものというイメージ

がありますが、「とても大切なこと」という意味も持ちます。基礎・基本ができ

なければ、当然応用・発展レベルの問題を解くことはできません。

基礎・基本とは何をやるにしても欠かせない「とても大切なこと」なのです。

 

練成会では塾生に向けて、勉強の基礎・基本となる「4つの約束」というも

のを決めて、守ってもらっています。

 

  • 聞くときの約束…先生が話を始めたら口を閉じて聞くこと。
  • 返事・挨拶の約束…名前を呼ばれたら大きな声で返事をすること。
  • 宿題の約束…力がつくようにていねいにやること。
  • 塾統(塾テスト)の約束…事前の勉強、解き直しを必ずやること。

 

どれも、当たり前のことばかりですが、学習において大切な基礎・基本

となることです。この4つの約束をしっかりと守ることによって、成績の伸び

はもちろんのこと、人として成長することができるのです。

 

新しい学年が始まる今だからこそ、改めて基本的な行動を徹底して

みましょう。

 

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

良きライバルと共に競い合おう!

2014.3.11

前回、オリンピックの話題に少し触れましたが、今回のオリンピック

においても様々なドラマがありましたね。

 

先生にとって、最も印象的だったのはジャンプの葛西紀明選手の

活躍でした。

塾授業では一部のクラスで話をしましたが、先生は葛西選手とは

同世代であり、中学時代はスキー部に所属し、ジャンプ競技をや

っていました。彼の中学時代の輝かしい活躍は今でもはっきりと覚

えています。

あれから二十数年後、今でも現役で活躍する姿には本当に心を

打たれますし、活躍の場は違えども、同じ世代として「負けたくない」

という気持ちにさせてくれます。(もちろん、葛西選手は先生のことは

覚えていないと思いますが。。。)

改めてライバルの存在の大切さを感じました。

 

練成会も同じです。

練成会には違う学校の良きライバルがたくさんいます。

この春も良きライバルと共に競い合いましょう。

 

 

滝川練成会 伊林雅広

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

「さあ、挑戦しよう!」

2014.2. 5

1月下旬から、毎週土曜日に選抜試験を実施しています。
今年も毎週、たくさんの小学生のみなさんが挑戦してくれています。
本当にありがとうございます。

そして、世の中的には冬季オリンピックが開催されます。
オリンピックは各国から選び抜かれた選手が出場しますので、出場するだけもすばらしいことなので、「参加することに意義がある」とも言われています。
これについては選抜試験も同じです。
休日の土曜日にも関わらず、応用問題も多く出題されるテストを受験するには、高い目標とチャレジ精神がなければ、なかなか受験することにはならないと思います。
ですから、受験しているみなさんには、結果も大切ではありますが、受験した自分を誇らしく思い、自信を持って欲しいのです。

そして次に結果です。テストですから当然結果が出てきます。
最初はなかなか思うような結果が出せずにいた人も、続けて受験していくうちに、いつのまにか「次こそは!」という気持ちが湧いてきます。

そして、その想いが行動に変わり、選抜試験に向けてものすごい勢いで準備しているのです。これが選抜試験の魔法です。

2月は選抜試験、漢字計算コンクールとみなさんにとってやる気の湧くテスト・コンクールがあります。ぜひ多くのみなさんに挑戦してもらいたいと思います。

中1・2のみなさんは学年末テスト、中3のみなさんは入試に向けてのラストスパートの時期になります。
体調管理にもじゅうぶんに気をつけてがんばっていきましょう。

滝川練成会 伊林雅広

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

新学年へ向けて最高のしめくくりを!

2014.1.10

いよいよ現学年を締めくくる時期がやってきました。
みなさんは、新年を迎えるにあたって、昨年を振り返り、新たな目標を決めましたか。
特にこの3学期は現学年の集大成です。
中学生のみなさんであれば、学年末の内申が高校入試の合否を決める資料となります。
1・2学期の内申が良くても悪くても、関係なく、学年末の内申がすべてとなります。
2学期(前期)の内申が思うような結果にならなかった人にとっては
逆転のチャンスなのです。逆に良かった人は維持するためにも、絶対に油断してはいけません。

小学生のみなさんは、新しい学年に進級するにあたり、今まで学習した内容をしっかりとできるようにしておく必要があります。
勉強とは積み重ねが成果となってあらわれるものです。今までやったことをしっかりとできるようになれば、新たな内容も簡単にできるようになるものです。
そして、中3生のみなさんは、高校入試が近づいてきています。
合格をめざして、日々がんばっていると思います。

しかし、高校入試は、将来の自分のための第一通過点に過ぎません。
「合格できる」がんばりをするのではなく、今の自分ができる最高の努力をして、高校に進学してください。それが将来の自分のための本当のがんばりなのです。

ここ空知地区は着々と積雪量が増え、寒さも厳しくなってきています。
体調を万全にして、日々がんばりましょう!

滝川練成会 伊林雅広

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

深川スクールいよいよ開校

2013.12. 5

滝川練成会が開校して2回目の冬期講習会がやってきます。

今回の講習会にもたくさんの人たちが参加してくれます。先生方はみなさんと

一緒にがんばることができるのが、今から楽しみで仕方ありません。

そして、今回の講習会から滝川練成会の新たな教室として、「深川スクール」

が開校します。今まで遠くて練成会に通うことができなかった人たちとも一緒に

がんばることができます。写真の通り、校舎もほぼ完成しています。最適な教室

環境で、いつもとは違うライバル(仲間)と一緒にがんばることで、勉強することの

楽しさを感じてもらえることと思います。

滝川練成会はこれからも「地域に根ざした学習塾」であり続けます。

深川スクール.JPG

良い春を迎えるためにも、実りある冬にしていきましょう。

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

収穫の秋、そして冬支度

2013.11. 1

収穫の秋、そして冬支度

 

今年は例年より早く初雪が観測されたところも多く、冬が近づいてきているのを感ることのできる

時期となりました。(本州では時期外れの夏日になったというニュースもありましたが。。。)

夏休みが終わり、受験生である中3生は毎月おこなわれるテストに向けて、日々準備学習に

励んできましたね。その他の学年の人もこの間に様々なテストがあり、それに向けてがんばって

きたことかと思います。

その結果、努力の成果が表れた人もいれば、なかなか成果が出ずに悔しい思いをした人もいる

のではないでしょうか。しかし、1回の結果で諦めずに、「継続は力なり」という言葉を信じ、がん

ばり続けてきた人にとっては、そろそろ成果を実感できる時期になってきました。

今月も努力の成果を確認できるさまざまなテストがおこなわれます。みなさんにとって、最高の

「収穫の秋」にしましょう。そして、秋が終わればいよいよ冬がやってきます。北海道の人は冬に

向けて衣替えをしたり、車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換するなどの「冬支度」をします。

その他の季節に対する「~支度」という言葉はないのに、冬にだけあるというのはなぜでしょうか。

事前の準備をしっかりとしていなければ、快適に過ごすことができない厳しさのある季節だから

でしょう。特にここ北海道は。

学習においても同じことが言えます。年が明ければ、入試、学年末テストといった大切なテスト

があります。それぞれの冬に向けて「冬支度」もしっかりとしていきましょう。

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

がんばったという経験は大きな自信に

2013.10. 3

この時期はテストが多くありますが、その1つ1つのテストにはちゃんと目的があります。

もちろん、みなさんはその目的を理解し、万全な準備を心がけて本番に臨んでくれ

ていることと思います。

しかし、すべてにおいて満足のいく結果を出すということは難しく、何かしらの反省が

残ることはよくあると思います。

 

すでに出てしまった結果を変えることは絶対にできません。でも、過去の反省を活か

しさえすれば、これからのテスト結果を変えることはだれにでもできます。

特に中3生のみなさんは、塾テスト・学力テスト・定期テストと、しばらくはテストが続

いていきます。毎回の結果に一喜一憂するのではなく、反省点を明確にし、すぐに

改善する行動力を発揮していきましょう。立ち止まるのではなく、前向きに全力で

次の目標に立ち向かうのです。

そうすることによって、1つ1つの行動の積み重ねが、大きな自信に変わっていくのです。

そして、その自信は今だけのものではなく、今後の将来においても通用する大きな自

信になっていくのです。

 

先日、十数年ぶりに卒塾生と再会していました。その生徒は現在、夢だった職業に

就き、世の中の人のために活躍しています。とても生き生きとした様子で、そんな彼

女の姿を見ることができて本当に嬉しかったです。

 

そして、彼女はこう言ってました。

「練成会に通ってた時が一番勉強していた!それは自信を持って言える!」と。

すべてのテストで満足のいく結果をとっていたわけではありません。でも、今の彼

女のベースとなっているのはテスト結果ではなく、小中学生時代のがんばりなので

す。

 

努力は絶対に裏切りません。すぐに結果となってあらわれなくても、目に見えない

大きなものをみなさんは手にすることができているのです。

 

さあ、前向きに全力でがんばりましょう!

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

「想いを持った行動を」

2013.9. 2

何かに向けてがんばろうとする時、多くの人は、まずは目標を決めること

からはじめます。

それは、目標を決めることにより、「達成したい!」という気持ちが芽生え、

意欲を高めるきっかけになるからです。

 

しかし、その目標も自分以外の人(親・先生など)が決めたものよりも、

自分で決めた方が、「達成したい!」という気持ちが強くなると思います。

そして、もっと大切なのは、想いを持って1つ1つの目標を決めるということ

です。

 

ただ、「●●点とる!」ではなく、

「○○高校に行きたいから、次のテストでは●●点とる!」

「次のテストで●●点とりたいから、毎日○○をする!」

「将来、○○になりたいから、●●をがんばる!」

 

想いを持った目標の方が、達成に向けての意欲が高まります。

そして、もし惜しくも目標を達成することができなかったとしても、

自分の想いに向けて努力したという事実には変わりはありませ

んので、気持ちとしては満足感も得られますし、変にくよくよする

ことなく、前向きになれるはずです。

もちろん、悔しさは残るかもしれませんが、努力した時の悔しさは

決して悪いものではありません。

 

長い2学期にはテストも多くあります。

目標を決める機会が多くなると思います。

 

ぜひ、想いを持って目標を決め、行動していきましょう!

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

継続は力なり!

2013.8. 5

今年の夏休みもたくさんの小中学生のみなさんと講習会を通じて

一緒にがんばることができました。本当にありがとうございます。

 

この夏のみなさんのがんばり、本当にすばらしいです。

 

中3のみなさんは、部活動も落ち着き、いよいよ本格的な受験勉

強のスタートです。8月に入り、1日5時間の家庭学習も定着して

きましたね。

中1・2のみなさんは、部活と両立させながら2学期に新しく学習す

る内容に向けて、今までの復習にがんばってくれています。

もちろん、小学生のみなさんも、毎日に元気にがんばってくれています。

 

ここで大切なのは、今のがんばりをこの夏だけのものにするのではなく、

しっかりと続けるということです。

この夏、みなさんは勇気を持って勉強に対して一歩を踏み出し、がん

ばりはじめたのです。

何事もやり始めるには勇気が必要です。しかし、一度止めてしまって

再びやり始める時には、もっと勇気とやる気が必要になります。

 

マラソンを思い出してみてください。

走っている最中に辛くなって一度足を止めてしまったら、再び走り出す

のがとても大変で、なかなか走り出せない経験はないですか?

一度止まるのではなく、ペースを少し落としてもよいので、走り続ける方

がよいのです。

 

勉強も同じです。この夏のがんばりをぜひ2学期も続けてください。

1年で一番長い学期です。途中に色々な状況に遭遇するかもしれま

せんが、決して立ち止まることなく、ペースを調整しがんばり続けましょう。

がんばり続けた先には明るい未来が待っていますよ。

 

 

 

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

「7月は夏休みで成果を出すための準備期間」

2013.7. 7

小学生のみなさんは「漢字計算コンクール」、中学生のみなさんは「定期テスト」

が終わりホッと一息ついていることかと思います。

 

練成会では6月下旬より「夏期講習会テキスト」をみなさんに配布しています。

夏休みまで、まだ1か月近くあるのに「もう?」と思った人もいたのではないでしょうか。

 

何事もそうですが、成果を出すためには入念な準備が必要です。

夏期講習会も同じです。

今まで学習した内容を限られた時間内で復習をしていきます。何も準備をせずに

授業に臨んだとしたら、うでしょうか?

例えば、黒板の内容をノートに書き写すことに夢中になり、なんとなくわかった、な

んとなくできるようになったという状態にしか到達しません。

 

せっかく参加する講習会です。最高の成果をめざしたいですよね。

この7月は、そのための準備期間として有効に活用しましょう。

 

特に中3生は、人によっては部活動も引退し、今までと比べると比較的時間にゆと

りができるはずです。空いた時間は有効に活用していきましょう。

 

この夏もみなさんと一緒にがんばれることを楽しみにしています。

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

家庭学習の質を高めよう!

2013.6. 3

新しい学年がスタートして2か月が経ちました。
新しい学年での生活リズムには慣れてきましたか。
 
この間、修学旅行・運動会・陸上大会などの学校行事や
ゴールデンウィークなどもありました。
そして、中学生は部活動も本格的に始まってきています。
そんな中、がんばらなければいけない!というのはわかってい
てもなかなか、うまく時間が活用できずにいる人が多いのも
この時期です。
 
勉強はただただ時間を長くかければいいというものではあり
ません。質が重要となってきます。
事前にやるべきことをしっかりと決めて、それをやるのに必要
な時間を目標時間として設定する。その際、やや短めに
設定する方が良いと思います。「だらだら」を防ぐためにです。
 
今月は、小学生のみなさんは漢字・計算コンクール、中学
生のみなさんは定期テストがあります。
「トロフィーをゲットする!」「自己最高得点をとる!」などと
いった目標をしっかりと設定し、質にこだわって準備学習に
取り組んでいきましょう!
  • 伊林 雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林 雅広

新学年が始まり、1ヶ月が過ぎました。

2013.5.14

 

新学年が始まり1か月が過ぎました。
みなさんは新しい生活に慣れてきたところでしょうか。
 
4月の1か月間は新学年に進級したばかりということもあり、新鮮な気持ちでがんばることができたことかと思います。
しかし、ゴールデンウィークを境にせっかく4月で定着することができた習慣が崩れてしまうことがあります。5月は悪い意味での「慣れ」が出てくる時期でもあるのです。また、小学生は運動会に向けての練習、中学生は部活が本格的に始動してきたことかと思います。(中3のみなさんは修学旅行もありますね)
 
そんな時は時間の使い方を工夫し、メリハリをつけることを意識してみてください。
まずは毎日の計画をしっかりと立ててみましょう。勉強する時間・遊ぶ時間・部活の時間・習い事の時間…などを事前に決めて、今まで以上に計画的に毎日を過ごすようにするのも1つの方法です。
ぜひ参考にして取り組んでみてください。
 
朝晩はまだ寒い日が続きます。季節外れのインフルエンザも流行しているという話も聞きます。体調管理にもじゅうぶんに注意してくださいね。
  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

滝川練成会2年目へ!

2013.4. 4

昨年の3月に新開校した滝川練成会ですが、無事に2年目を

迎えることができました。

この場をお借りして、感謝の気持ちを伝えさせていただきます。

ありがとうございます。

この1年間、滝川市内はもちろん、中・北空知のたくさんの子ど

もたちに通っていただき、保護者さまからも多くのご期待と信頼を

いただけるまでになりました。

また、滝川練成会として初めての卒塾生となった中学3年生は、

滝川高校52名の合格をはじめとし、数多くの生徒が志望校

合格を勝ち取ることができました。

しかし、これがゴールではありません。

練成会は勉強を通じて、みなさんが今後生きていく上で必要と

なる様々な力を身につけていく手助けをさせてもらいました。

ぜひ、練成会で学んだことを今後の人生において活かしていって

ください。

2年目となる今年度、さらに地域に根ざし、講師一丸となって

一生懸命に指導させていただきます。

今後ともよろしくお願いします。

滝川練成会 伊林 雅広

 

 

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

あと1か月で新しい学年がスタートしますね!

2013.3. 2

良いスタートを切るためには「早めの準備」が欠かせません。
そう考えると、この3月が良いスタートを切るための絶好の準備期間に
なるのです。やる内容としては今まで学習した内容をしっかりと復習す
ることが一番でしょう。
勉強とは積み重ねが大切です。新しく学習する内容の土台になるの
は、今まで習ってきた学習内容です。と言うことは、今まで学習してきた
ことが完全に理解していなければ、新しい単元ができるようになることは
ありません。
 
そこで、練成会では新学年に向けて春期講習会という、今まで学習し
た内容を復習し、新学年に向けて予習をする機会があるのです。
しかも、そのための準備期間として3月にテキストを予習することができ
るように、2月下旬から春期講習会テキストを配布していっています。
 
この3月は、現学年の「終わり」という気持ちで過ごすのではなく、新学
年に向けての「準備期間」という気持ちで有意義に過ごしてください。
 
今年も雪が多く、まだ春が来るという感じではありませんが、みなさんの 
新学年に向けてのやる気が雪融けを早めるようがんばりましょう。 
  • 伊林雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林雅広

最高のコンディションで最高の成果を!

2013.2. 6

入試まで残り1か月あまりとなりました。
中3生のみなさんは最後の追い上げをしていることかと思います。
入試はもちろんのこと、ふだんのテストにおいてもそうですが、最高の結果を出すために必要なことがいくつかあります。その中でも「本番で実力を出し切る」ということが大きなポイントとなります。では、「本番で実力を出し切る」ためには何が必要でしょうか?
それは、最高のコンディションで臨むことができるかどうかだと思います。
まずは体調面。これは事前の準備学習と同じく、事前に体調管理に気を配ることが大切です。特にこの時期は風邪やインフルエンザが流行します。日頃から手洗いやうがいを欠かさずすることやじゅうぶんな睡眠なども重要です。
そして、精神面。特に緊張しやすい人は、思うように問題が解けなかったり、ケアレスミスを連発してしまうことがあります。もちろん、程好い緊張感は必要です。では、必要以上に緊張しないためにはどうすればよいのでしょうか。これも方法は色々ありますが、テストの日=特別な日という意識をなくすために、テスト前だから…という特別な行動をしないことが大切です。
2月は、中1・2生のみなさんは学年末、小学生のみんさんは選抜試験や漢字計算コンクールがあります。
体調面と精神面を最高のコンディションにして本番に臨めるようにがんばりましょう。
 

  • 伊林雅広
  • 滝川練成会塾長 

    伊林雅広

1年後の自分がどういう状態でありたいか、そのためには、この1年どうがんばるかを新しい年がスタートするにあたり決意してみましょう。

2013.1. 8

冬も本格的になってきましたね。

 

 雪の中、元気に通塾してくれるみなさん、送迎してくださっている保護者様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

最近は、マイナス20℃近くの寒い日があったり、一晩で数十センチもの雪が降ったり。北海道の冬は本当に厳しいですよね。滝川市のあるここ空知は、北海道の中でも雪が多いことでも有名です。そんな地に生まれ、育った人にとっては、この寒さや雪の多さが当り前になっていると思います。しかし、この気候を知らない人にとっては、ここで生活することは信じられないくらいのことだと思います。そう考えるとわたしたち北海道民は、この厳しい気候の中でも生活することのできる、強い体力と忍耐力を持っているのです。新聞やニュースなどでは北海道の経済が…とか学力は…という話題がよく出てきます。そんな状況を変えるだけの力をわたしたちは持っているはずです。ここ北海道に住んでいるということを誇りに持ち、大好きな北海道のためにもがんばっていきましょう。

 

今年も新しい1年がスタートしました。

みなさんにとって、やる気が出る時はどんな時ですか?

新鮮な気持ちになった時が、やる気が出る時の1つではないでしょうか。

例えば、新しい学年のスタートの時や何か新しい物を買った時などがそうだと思います。

学校生活における学年のスタートとは4月ですが、一般的には1年のスタートは1月ですね。そう考えると、今がちょうどやる気の出る時と考えることができます。

1年後の自分がどういう状態でありたいか、そのためには、この1年どうがんばるかを新しい年がスタートするにあたり、改めて考えて決意してみましょう。 

 

 

  • 伊林 雅広
  • 滝川練成会 塾長

    伊林 雅広

2012.12. 3

2012年も残すところ1か月となりました。みなさんにとってはどんな1年になりましたか?先生方にとっては思い出に残る1年になりました。

2012年3月、ここ滝川市に「滝川練成会」が開校しました。1人でも多くの子どもたちに「がんばることのおもしろさを伝えたい」という思いを持って、全道の練成会から先生方が集まりました。正直、初めての土地ということもあり、不安もなかったわけではありませんが、それ以上に「たくさんの子どもたちとがんばりたい!」という気持ちが大きく、みなさんとの出会いを楽しみに、日々わくわくしていたのを今でも覚えています。

塾生はもちろんのこと、この9か月間におこなわれた講習会、テストなどに本当にたくさんの人たちが来てくれました。この場を借りてお礼を、「本当にありがとうございます」

最初は練成会がどんなところかわからなくて、不安な気持ちで来てくれた人も多かったと思います。しかし、帰る時は「今までこんなに勉強したのははじめて!」と口にしながら達成感いっぱいの表情になっている人をたくさん見ることができました。

また1人、がんばることのおもしろさを体験してくれたと思うと、本当に嬉しかったですし、滝川練成会を開校して本当に良かったと改めて感じることができました。
 
みなさんにはたくさんの可能性があります。しかし、可能性を可能性で終わらせるのはあまりにももったいない。可能性を開花させ、夢を実現させるためにも努力を惜しまないでください。そんなみなさんを応援するのが滝川練成会です。

今年もあと1か月。「終わりよければすべてよし」ということわざもありますが、今年1年を最高の1年にするためにも、この1か月をしっかりと目的を持って大切に過ごしましょう。

  • 資料請求・お問い合わせはこちらから
  • あなたの街の練成会はこちらから

ページトップに戻る

資料請求はこちらから