指導方針 いい先生との出会いが子どもたちの未来を変える

合格した先輩に聞いてみた

生徒画像1

『 早期スタートが本当に大切 』

髙林 健人(伊達中出身/室蘭栄高校卒) さん 平成29年度入試 東北大学 医学部 医学科合格  東進衛星予備校

僕は中学時代を練成会で学び、中3の2月から東進に通い始め、先取り学習を意識して取り組みました。

結果、高2の3月にはセンター試験レベルがほぼ完成していたので、高3の早くから東北大の過去問演習に取り組めました。

過去問は相手(大学)がどんな攻撃(出題)をしてきたかを知ることができる唯一の教材です。

ここに時間を割けたことが成功要因の1つと考えます。

合わせて僕は、学校で勧められた「数学オリンピック」等に出場したり、東進では使える英語の修得を目指して「スピーキング講座」を受講したりと、興味があることに積極的に参加しました。

その経験は柔軟な思考力を養い、受験勉強においても発想力を試される出題に対応できる力になったと思います。

これまで支えてくれた家族、学校の先生、東進スタッフの皆様に心から感謝しつつ、立派な医師になるために、これからも前向き且つ積極的な姿勢で頑張ります。

生徒画像1

『 充実した教材と先生方への感謝 』

村井 美乃里(東明中出身) さん 平成29年度入試 室蘭栄高校【理数科】合格  練成会

練成会では、部活に力が入る2年生でも、家で集中することができなければ、自習に行ったり、

テスト前は自分のやりたい科目などを優先して勉強できたので高いランクをキープできました。

国語のパターン集やマスターテストは定期テストに似たような問題が出てびっくりしました。

講習会では応用問題を中1内容から解くことができたので裁量問題に慣れることもできました。

生徒画像1

『 ライバルと競った塾テスト 』

荒谷 康貴(桜蘭中出身) さん 平成29年度入試 室蘭栄高校【理数科】合格  練成会

僕は小6から練成会に通い始めました。

練成会の塾テストでは、毎回細かなデータで自分の位置がわかり、次への目標を定めることができました。
そして、自分と成績が近いライバルと競い合うことでお互いに高め合うことが出来ました。

中学校で部活と勉強を両立させることができたのは、練成会でライバル達と切磋琢磨して頑張ったからだと思います。

生徒画像1

『 練成会で学んだ努力の大切さ 』

堀 優明香(桜蘭中出身) さん 平成29年度入試 室蘭栄高校【理数科】合格  練成会

私は小学生から練成会に通ってきました。

通ってよかったと思うのは、先生のわかりやすい授業や指導です。
私は学校のテストでは浮き沈みが激しく、悔しい思いを何回もしました。

でも、自分の努力次第で変わることが出来ることに気付き、勉強が楽しいと思えるようになりました。
練成会の授業や、仲間たちから学んだ努力する大切さはこれからも役に立つと思います。

生徒画像1

『 自分を変えてくれた練成会 』

難波 莉久(伊達中出身) さん 平成29年度入試 室蘭栄高校【普通科】合格  練成会

僕は家では誘惑が多く、あまり真剣に勉強に取り組むことができませんでしたが、練成会に入ってからはテキストやテストはもちろんですが、

自習室を使って勉強に取り組むことで、集中して勉強に取り組むことができました。

入試に向けて不安もありましたが、練成会の課題を取り組むことで、苦手を克服することができました。

生徒画像1

『 志望校決定へのサポート 』

泉 百音(室蘭西中出身) さん 平成29年度入試 室蘭栄高校【普通科】合格  練成会

私は、中1の3学期から練成会に通い始めました。

3年生になり、志望校の決定についてずっと悩んでいた時、練成会の先生方がたくさんのアドバイスとサポートをしてくれました。

そのおかげで、志望校を決める勇気をもらい、安心して志望校に向けた努力をすることができました。

たくさん相談にのってくれたり、サポートしていただき本当にありがとうございました。

生徒画像1

『 かけがえのない5年間 』

山本 吏理亜(鷲別中出身) さん 室蘭栄高校【理数科】合格/北海道栄【アルファ】合格  練成会

私は小学5年生から練成会に通いました。練成会では小学生からたくさんのテストがあったので、
中学生になってからの学校でのテストをとまどうことなく受けることができました。

塾のテストでは胆振学区や全道の中での順位が出たり、点数が良いと名前が掲示されるため、
次の順位や「この人を抜きたい!」という目標ができ、それが学力向上につながりました。

  • 資料請求・お問い合わせはこちらから
  • あなたの街の練成会はこちらから

ページトップに戻る

資料請求はこちらから